血液循環を活性化!適宜運動

血液の流れが滞ると肌にも悪影響

女性も男性も、なんとなく顔色が冴えなかったり、肌が乾燥しがちだったりするときがあるかもしれません。こういったトラブルが見られる場合は、全身の血流が悪くなっている可能性があります。健康な肌を保つには、皮膚に酸素や栄養分の供給がスムーズに行われていなければなりません。血液の流れが悪いと、このような供給のリズムが乱れてしまうことがあります。血液の循環が低下しているときのひとつのサインになるのが、くすみです。鏡で自分の顔を見たときに、皮膚がなんとなくどんよりとした色になっている場合は要注意。 また、皮膚がゴワゴワと硬い感じがしたり、表面がカサカサと乾燥したりしているときも、血流をアップするような方法を考えたほうが良いかもしれません。

運動は血流を良くするアプローチのひとつ

全身の血流の悪さが肌トラブルの原因になっているときは、化粧品の力だけではなかなか改善が難しいことが多いです。こういった場合は、軽い運動などをして血流を良くするのが解決の近道になるでしょう。ウォーキングやヨガ、ストレッチなどは、生活のなかで気軽にできる運動です。デスクワークで座っていることが多かったり、車通勤で歩く機会がなかったりする人は、足を動かして全身の血流を良くしてみましょう。「お昼休みに軽い散歩をする」や「エレベーターに乗るのをやめて階段を使う」などの簡単な運動を習慣にするだけでも、血液の循環が良くなるかもしれません。

スポーツジムなどを利用する時間がない人は、隙間の時間を見つけて適度な運動をしてみましょう。